レガート 音楽 用語

レガート 音楽 用語

レガート 音楽 用語



レガート ( 伊: legato )は、音楽の アーティキュレーション のひとつ。 ある 声部 において、連続する2つの音(通常音の高さは異なる)を途切れさせずに滑らかに続けて演奏することである。

レガート(伊: legato)は、音楽のアーティキュレーションのひとつ。ある声部において、連続する2つの音(通常音の高さは異なる)を途切れさせずに滑らかに続けて演奏することである。楽譜では通常スラーで指示されるが、legatoのように文字で書かれることもある。主にスペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語などのロマンス語を語源とする地域ではレガートが用いられ、英語、ドイツ語圏ではスラーが音楽用語として一般的に用いられている。

クラシック音楽などで使われる「legato(レガート)」は、発想記号の中の1つです。イタリア語でなめらかに。という意味の言葉になります。 イタリア語でなめらかに。

西洋音楽で用いる演奏記号の一種。音符と音符の間に切れ目を入れることなく、滑らかに演奏するよう指示する。語源は「結ぶ」を意味するイタリア語レガーレlegareにある。曲の冒頭に提示するほか、滑らかに奏したい一連の音符の上または下に弧線(スラー)をつけて表示する。レガートに対して、音符と音符の間に切れ目を入れて奏するよう指示する演奏記号には ...

 · 音楽用語「レガート(legato)」の意味とは?. レガート(legato) とは、音楽のアーティキュレーション(音と音のつなぎ方や切り方でフレーズに表情を付けること)に関する音楽記号のひとつです。. イタリア語で「 なめらかに 」という意味で、音と音との間を途切れさせることなく、滑らかに演奏するよう指示する記号です。. レガート(legato)の対語は ...

レガートとは音楽用語の一つで、「なめらかに奏する」という意味があります。

レガートとは、音をつなげて、音の間を切れ目なく演奏する事。

音楽用語辞典 by Doremi-lesson — L — legato. 読み方. レガート【伊】 意味. なめらかに. Doremi L. 投稿ナビゲーション. 前の記事 legatissimo. 次の記事 legato cantilena. 検索: カテゴリー. カテゴリー. Proudly powered by WordPress | Theme: Anissa by AlienWP. ...

ピアノ演奏で使われるレガート(legato)は、ひとつひとつの音をなめらかにつなげて弾くことを意味します。. レガートのきれいな弾き方と、ペダルや手首について意識すべきポイント・練習方法をご紹介します。. 美しいピアノ演奏のためには必ずマスターしたい奏法です。. 執筆者:北條 聡子. ピアノガイド. ピアノのレガート奏法とは、音をなめらかにつなげて弾き方 ...

音楽用語の読み方や意味を解説

レガート 音楽 用語 ⭐ LINK ✅ レガート 音楽 用語

Read more about レガート 音楽 用語.

avtolombard97.ru
ask-groups.ru
shoeshunter.ru
prague-hotel.ru
kolodcyspb.ru
balkan-consul.ru
ectopic-pregnancy.ru
inviznet.ru
bhazard.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.
Guest

Elbow grease gives the best polish.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu